法人会青年部会とは?

会長挨拶

 

伝承と進化
~めぐり逢いの ふしぎに 手を あわせよう~

32年間築き上げてきた青年部会を伝承し、相模原市を舞台に魅力ある事業活動を展開することで、多くの仲間が笑顔で自然と集まる魅力ある相模原法人会青年部会を目指し、今この時間を楽しみ一丸となって青年部会を進化させる事で己も成長しよう。
まず、青年部会の柱事業である租税教育活動は、法人会の目的でもある「税知識の普及、納税意識の高揚」に沿った活動であり、全国の単位会で精力的に推進を図っている。小学生にターゲットを絞った当会のオリジナルプログラムによる租税教育活動を確立することで、2年後の「全国青年の集い四国高知大会」プレゼンテーションで最優秀賞に輝くことを目標に取り組んでいく。
青年部会の目的の一つには、経営者の育成が不可欠であり、次代を担う経営者としての資質向上を図る為、部会員各々が抱える経営上の諸問題解決に向けた研修などに取り組んでいく。また新・相模原市として我々青年部会が旧相模原・旧津久井地域の事をもっと知り考える研修やイベント、事業に参画することで、より魅力ある経営者集団の青年部会になると考えています。
月一回の役員会に加え、より重要なのは全体会議である。各地域で開催し会員交流や意見交換、事業PRの場として有効活用する。全体会議にどれだけ多くの部会員が参加し一人一人が主役になれるかが今後青年部会の進化にもっと重要性である。
部会員相互の親睦・交流を図る為の交流会を開催する。部会員はもとよりOBの方々や家族や社員も含めて親睦・交流を深めていく事で青年部会の地盤がより強固なものになると考えています。
法人会役員の後継者育成の場でもあることから、法人会事業にも積極的に参加することで親会や各支部・地区また女性部会とも密接に連携し、将来的には各支部・地区の役員として事業企画・実施にあたり積極的な役割を果たすことで法人会活動の充実と活性化に貢献することも重要である。
青年部会をもっと活性化するために、対外的なアピールをSNSや「かわら版せいねんぶ」を使い事業報告や会員企業紹介など積極的に発信してくことで、部会員への参加アピールはもとより新たな仲間の加入や地域へのPRをする。
最後に、部会員も100名を超えてきました。まずは170名まで会員拡大をしていきましょう。そして一人一人が参加して良かったと実感できる青年部会を創り上げていくために新たなチャレンジをし、新しい青年部会を作り上げていきましょう。この二年間で進化した青年部会を築き上げるには、全部会員の力が必要です。その進化はきっと皆さんの事業活動にもつながると信じています。

会長

 

 

 

青年部会長 林 大介

 

伝承と進化~めぐりあいのふしぎにてをあわせよう~

 

組織図

組織図02